美容は気から

本当に、人間の心理状態が美に与える影響は大きいと思います。
恋愛をしている女性はだいたい美しくなります。

お肌の感じも変わってきます。
また、恋愛していなくても、実は運動などによって、いいホルモンを出すこともできるのです。
ヨガやストレッチなどをして、お肌の調子がよくなったと聞いたことがあります。
また最近は美肌の為に酵素飲料を飲んでいる女性も多いです。

アンドロイドとは?

アンドロイドとはグーグルが開発したスマホ用のOSです。
以前はスマホ=iPhoneだったのでスマホを持つにはソフトバンク以外のユーザーはキャリア変更しなければなりませんでした。アンドロイドが出てきたことでアイフォン以外のスマホもでき、選択肢が広がりました。
アンドロイドはどこのメーカーでも使用可能なため各社が急速にアンドロイド携帯を研究、開発し始めました。
今ではIOSを抜いてスマホ業界トップシェアを獲得しています。LTE対応のアンドロイド携帯はたくさん発売されています。
アンドロイドのおさいふケータイ機能はとても人気があります。
クレジットカード払い、口座振替も簡単にできます。チャージの必要もなくアプリで管理できるので家計簿などをつけている人にはとても便利です。
その他にも画面の大きさを選べる、発色の良さがとてもいいなどメリットはたくさんあります。

脱毛と除毛

気温が上がってきて肌を晒す機会が増えるとムダ毛の処理に頭を悩ますことになります。
手軽さ、費用、体質などさまざまな要素を考慮してみなさんムダ毛処理の方法を選択していることと思います。
一番手軽なのはカミソリで剃ることですが、肌が弱い方にはカミソリ負けの問題がありますし、手の届きにくい部位を自分で処理するのはなかなか難しいです。
次に手軽なのは除毛クリームです。
クリームを塗って数分放置したあとに水で洗い流せばいいわけですし、費用も年間でも1万円程度しかかかりません。
一番確実なのがやはり脱毛サロンで処理してもらう事です。

最近のメンズ脱毛について…

最近の男性歌手やタレントを見ていると、スッキリした男性が増えていると思いませんか。
そしてスッキリした男性とは、どういう男性を指してしいるのでしょうか。
スッキリした男性とは、体毛が薄い(毛深くない)ことを意味します。
(※もちろんそうした風潮の要因には、多くの女性が毛深い男性を嫌っていることも挙げられます。)
その結果、女性の特権だったエステサロンに多くの男性が気軽に足を運べるようになったといえます。
女性に限らず、男性もキレイになることは良いことだと思います。
しかし、「毛深い=悪い」という訳ではありません。
毛深さは個々が持っている個性でもあり…女性の中には、毛深い男性が好きな人もいるからです。
メンズ脱毛が、悪いと言っている訳ではありません。
しっかり考えてから、メンズ脱毛をするべきだということです。

セレクトショップの財布

財布はどこで購入しますか?
たくさん良い商品が置いてあるのは、デパートの財布売り場だと思います。
金額も、1万円前後のリーズナブルなものも多いので、さほどこだわりがなければ一番買いやすいところかもしれません。
しかし、気に入ったものがなければインターネットをのぞいてみることもお勧めします。
人気ランキングを参考にしたり、口コミを参考にしたりすると探しやすいでしょう。
しかし、実物を手にとって見ることが出来ない為、機能性を重視する人にとっては不安かもしれません。
私は主人の財布を探す時は、洋服のセレクトショップなどを見て回ります。
良い皮を使っている輸入品などがあり、お気に入りのセレクトショップで良い財布に巡り合うこともあります。

エネルギーをめぐっての仁義なき戦い

少し前から、全国の電力会社がオール電化を進めてきていました。
もちろん営業戦略の一環ですが、消費者にもオール電化はメリットがあります。
しかし、オール電化にすれば、その後の光熱費のコストが下がり、しかも、安全性が高いことから、高齢者や子供のいる家では優れたスタイルだと思います。
しかし、ここにきて、地震等の災害、それに節電モードもあり、オール電化推進にストップがかかっています。
電力会社側が積極的にオール電化をアピール出来ないのが現状です。
これに乗じて、ガス会社が「今がチャンス!」とばかりにシェアを奪おうと頑張っているようです。
まさにエネルギーをめぐっての仁義なき戦いですね。

引っ越しの多い職業

よくきくのは、保険会社の人。
銀行員。
公務員の一部、裁判官や検事、海上保安庁の職員などが引っ越しが多い職業といえます。
こういった職業の方々は、引っ越しに慣れているため非常に手際がいいんです。
引っ越し比較で業者を比較検討し、一番リーズナブルにところに決めてさっさと片付けてしまいます。
他に引っ越しの多い職業とえいば
サッカー選手、野球選手。
他にもいろいろあるかな。
大変ですよね。
海外で仕事柄国を変えて引っ越しする外交官とか、荷物どうしてるんでしょうか。

付いていく奥さんも子どもも大変ですよね。

サプリメント生活

大学卒業後、就職してから2、3年が経った頃のこと。
一時期、人にサプリメント依存症と言われてしまうほど、サプリメントばかり摂って暮らしていました。

当時はサプリメントが流行っており、足らない栄養素を補おう、カラダの中からキレイになろうが合言葉のよう。
今思えば、バランスよく食べて少しでも体を動かせば、それなりにダイエットになったのですが、当時は食べ物を中途半端に食べる方が栄養バランスが崩れてしまうように思えたものです。
サプリメントの錠剤だけではもちろんお腹が空くので、なるべく脂質の少ないものや味付けの薄いものを食べていました。
体重はもちろん減り、ダイエットは成功!と思ったのですが、周りには元気がないねと言われるし、何より気持ちがギスギス。
食事って、栄養を摂るためだけのものじゃなく、心も豊かにするためにあるのだな、と気づきました。

間寛平さんに学ぶ

間寛平さんは、2年あまりをかけて世界一周マラソンを行いました。
気が遠くなるような距離と時間ですが、実際に行っています。
その気力と体力には、脱帽以外に表現しようがありません。
ランニングのみならず海洋はヨットという手の込みようです。
将来的には、子どもたちの教科書に載るかもしれません。
そうしたスゴイことをした人は世の中にはたくさんいます。
しかし、間寛平さんは、元は喜劇役者でありながら60歳にして行ったところがすごいところです。
全く異なる別の世界で生きていた人が、地道に打ち込むものがあれば、驚くべきことができるのだと教えてくれます。
駆り立てるものは何であったのか、興味がわきます。
そして何より、その継続性には寛平さんの独自の体調管理法があるはずです。
一度、それを学んでみたいものです。

とは人生を謳歌する秘訣です。

50歳からの就職活動

今年50歳になる母が勤めに出たいと言い出した。
子どもの手が離れ、夫も退職が近くなった今、ずっと専業主婦として家にいた自分から変わりたい、外に出たいと思ったのだという。
私は母の気持ちに賛成だった。
自分が仕事を始めてわかったが、働くことは自分を成長させてくれる。
それはいくつになっても変わらないことだと思う。
母は日々、新聞折り込みの求人広告を見たり、ハローワークに行ったりして仕事を探している。
知り合いの人にも、仕事をしたいのでいい話があったら教えてほしいとお願いしているらしい。
若い人でもなかなか求人の少ない今、50歳になろうかという専業主婦が仕事を見つけるのは簡単なことではない。
しかし仕事を探す母の目は輝いていて、自分の意志で何かをしようとすることは人にとって大切なんだなぁと改めて感じさせられた。
いい就職先と出会えることを祈っている。

化粧水を手作りする

毎日使う化粧水を、手作りしてみたいと思いませんか?
自分で作ったものならば、成分も全て知ることが出来て安心です。

また、肌質に合わせて濃度も調節出来るので、よりピッタリ合った化粧水を使えるようになりますよ。
材料は『水』『尿素』『グリセリン』の3つのみです。
水…200ml
精製水を使うと良いでしょう。
薬局やドラッグストアなどに行けば安価で手に入ります。
もちろん水道水でもかまいません。
尿素…10g
化粧品用に売られているものが良いですが、手に入らなければ園芸用のものでも大丈夫です。
その際は、園芸用尿素を水で薄めたものを2~3回ろ過してから使用しましょう。
上記2つをよく混ぜてグリセリンを小さじ1加えれば、美肌水原液の完成です。
これを自分の肌質に合わせ、5倍から10倍に希釈して使用します。
お好きな精油を精製水で希釈したものを薄め液に使用して、自分だけのオリジナル美肌水にするのも良いですね。

便秘と運動量の関係

A子さんは慢性的に便秘に悩まされている。
便秘を自称する人がよく言う「3日出ていないの」なんてかわいいものではない。
少なく見積もっても一週間くらいは出ていないのだ。
触るとお腹が張っているのはもちろんのこと、普通に歩いているだけでも、下腹部にずっしりとした不必要な重みがあるのがわかる。
その重みは彼女の体の重心を通常よりも低い位置にし、歩くペースや立ち上がる動作を緩慢なものにさせている。
そのため、A子さんは体を動かすのがおっくうで、便秘症になる以前と比べて運動量が明らかに少なくなっている。
便秘の解消法のひとつに運動が挙げられるが、ひどい便秘になると運動自体ができない。
便秘が原因で運動しづらい体になるという悪循環を、ここに見ることができます。
A子さんは、少しきつめの便秘薬で一時的に体を軽くし、そのタイミングを利用して運動量を増やすという方法をとることにしました。
運動しづらいほどの重みを体にためる前に、意識的に運動量を増やして便秘を防ぐことが大切なようです。

おデブ精神論

一度太ってしまうと、標準体重に戻すまでの苦労は並大抵のものではありません。
体重が多いほど。
期間が長いほど。
そのハードルはどんどん高くなってしまい、簡単には飛び越えられなくなるのです。
それは何故か?
一つは欲望に飲まれないようにする為、かなり強い意志が必要だからです。
美味しいものを食べると、脳の中では大量の快感物質が流れます。
食事制限をすると今までよりも確実に脳内は飢餓状態になっている為、一回の食事に対しての快感物質が強烈なのです。
また、運動面に関してもなかなか辛いものがあります。
というのも、脂肪自体が重りになっている為、同じ運動量でも骨やすじなどにかかる負担は平均体重の人の何倍もあるのです。
そんな状態が続けば、やはり多くの人が辛くなり止めてしまうのも頷けます。
…逆に言うと、ダイエット成功者は、標準体重を維持している人よりもはるかに強い精神力を持っている人なのではないでしょうか。